FC2ブログ

守宮(ヤモリ)

 2011-06-29
やもり

写真がいまいちですみませんが
数日前の夜中にキッチンの窓に現れたヤモリちゃん(の裏)。
守宮、または家守と書いて
家を護ってくれる霊力があると言い伝えられてきました。

なにか良い事があるかな。
あるいはどんな災いから護ってくれるのかしら。


小さき地震守宮の出でし夜のこと  星加克己  

夜は夜の玻璃に守宮の真逆さま  久保田佳津子

スポンサーサイト



タグ :

夏の萩

 2011-06-23
萩2011
家の南側の日陰に萩を植えています。
先日ご近所のネットフレンドに紹介して頂いた植木屋さんに
大きくなりすぎて手に負えなくなった染井吉野を
泣きの涙で伐り倒してもらったのですが
お陰で風通しと日当りが良くなって
萩の花も心なしか艶やか。
タグ :

梅干し!

 2011-06-12
梅の木
梅雨に入って、恒例の梅干しを漬けました。
たわわに実っております。
今年はアブラムシの消毒はしなかったのであんまり美しくない出で立ちですが
いい香りがして和みますね~。

1.2キロ
量ったら1.2kg!
去年は800gの収穫だったから木が成長して
沢山の実をつけるようになったのですね。
黄色くなった実をもいでいると
サルだったころの狩猟採集生活の遠い記憶が蘇ります。

洗浄
薄い石鹸水に浸けて、アブラムシが出したベトベトを歯ブラシでこすり洗いしました。
だんだん綺麗になって行くのが楽しい!

へた取り
娘に手伝いを命じ、へたを取って水分を良く拭きます。
梅酒は飽和状態なので
今年は全部梅干し用にするつもりでぎりぎりまで収穫しなかったので
中には金茶色に熟してプワプワな実も。

塩漬け
塩分17~20%になるよう塩を計量し
いつもの瓶に仕込みました。
塩は以前買い置きしておいた沖縄のシママースです。
これでまろやかに漬かってくれるかな。
カビ避けに泡盛も少し廻しかけて。

この後生協で頼んでいた小田原の大粒梅も時間差で仕込み
今は一緒に瓶の中で眠っています。
もう少しして白梅酢がたっぷり上がってきたら
漬物石を外して紫蘇と混ぜ、いざ3日間の土用干し!

合計で3.2kg程漬けたから、これで一年間保つかな。

基本的に塩分数%のいわゆる減塩梅は好みません。
究極の保存食である梅干しをだな、何が悲しゅうて冷蔵庫で保存せにゃならんの?

原材料の箇所をつらつら見てみると
ま~甘味料に酸味料に色素にアミノ酸調味料に保存料に、てんこ盛りで入っていて
表向きは塩分控えめ健康食品のはずが、これじゃー不健康食品そのものじゃん。
塩で漬けた梅をいったん塩抜きし、化学製品山盛りの調味液に漬け直して
減塩梅は作られるらしいですが、そんなの食べ物として怪しいです。

物の本によると、古漬けの梅干しの塩分は
時間とともにこなれて行くので、あまり健康には影響がないんだそうです。
まーそのー、ご飯一膳に梅干し10個も食べるのなら別ですが。
ちゃんと漬けた梅干しは100年後でも食べられるというではありませんか。
そのパワーの方が凄い!

母から受け継いだ昭和34年発行の料理本のレシピでは
計算したらなんと塩分30%の分量で作れと書いてあって
それはそれでびっくりしたけど、まーろくな冷蔵庫も無い時代だしそんなもんだったんでしょう。
甘味料でもったり甘くした梅干しではきっと
昔から伝えられている梅干しの薬効はまるでナイと思われますよ。








タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫