FC2ブログ

「ふくろう展」出品作品販売開始のお知らせ

 2014-01-19
「ふくろう展」お陰さまで好評のうちに終了いたしました。
出品作品のうち販売されなかった作品をお分け致します。
少しだけ、お求めやすい価格に改めました。

価格は全て本体価格です。紙製の簡易な色紙掛けに入れてあります。そのままでも充分飾って頂けますが、木製の本格的な額装をご希望の方はその旨お知らせ下さい。
色紙額 :¥8,000-より
寸松庵額:¥3,000-より、ご用意できます。
この他に送料がかかります。送料は個別にお知らせ致します。

※なお、こちらの作品販売は、2014年5月31日までのお申し込みとさせて頂きます。

作品をご希望の方は、コメント欄に

1) お名前(ニックネーム可)
2) ご連絡先メールアドレス
3) ご希望の作品番号と作品名
4) 額装ご希望の有無

以上4項目をご記入下さい。
折り返し、振込先のご案内を差し上げます。入金が確認されましたら、ご希望のご住所へ作品を送付致します。
なお、同一作品に複数のご希望があった場合は、先着順とさせて頂きます。ご了承下さい。

七ふくろう宝船横(小)
作品番号:1 「七ふくろう宝船」(色紙・272mm x 242mm)
鳥の子紙、墨、岩絵の具、水干絵の具、膠、アートグルー、金箔、銀箔
本体価格 ¥15,000-
額装価格 ¥23,000-
(プラス送料)

ふくろう雛(大色紙)
作品番号:2 「ふくろう雛(大)」(色紙・272mm x 242mm)
鳥の子紙、墨、岩絵の具、水干絵の具、膠、アートグルー、金箔、銀箔
本体価格 ¥15,000-
額装価格 ¥23,000-
(プラス送料)

ふくろう雛(寸松庵色紙)
作品番号:3 「ふくろう雛(小)」(寸松庵・136mm x 121mm)
鳥の子紙、墨、岩絵の具、水干絵の具、膠、アートグルー、金泥、銀泥、銀箔
本体価格 ¥5,000-
額装価格 ¥8,000-
(プラス送料)

ふくろう地蔵尊(寸松庵色紙)
作品番号:4 「ふくろう地蔵尊」(寸松庵・136mm x 121mm)
鳥の子紙、墨、岩絵の具、水干絵の具、膠、アートグルー、金泥、銀泥、金箔
本体価格 ¥5,000-
額装価格 ¥8,000-
(プラス送料)

ふくろう仏(桃色)(寸松庵色紙)
作品番号:5 「ふくろう仏(桃色)」(寸松庵・136mm x 121mm)
画仙紙、墨、岩絵の具、水干絵の具、膠、アートグルー、金泥、銀箔
本体価格 ¥5,000-
額装価格 ¥8,000-
(プラス送料)

ふくろう仏(水色)(寸松庵色紙)
作品番号:6 「ふくろう仏(水色)」(寸松庵・136mm x 121mm)
画仙紙、墨、岩絵の具、水干絵の具、膠、アートグルー、金泥、金箔
本体価格 ¥5,000-
額装価格 ¥8,000-
(プラス送料)

ふくろう仏(白色)(寸松庵色紙)
作品番号:7 「ふくろう仏(白色)」(寸松庵・136mm x 121mm)
鳥の子紙、墨、岩絵の具、水干絵の具、膠、アートグルー、金泥、銀泥、金箔
本体価格 ¥5,000-
額装価格 ¥8,000-
(プラス送料)

スポンサーサイト



タグ :
コメント
ふくろう七福神にふくろう雛ですか。

この3年、東京から足が遠のいてしまい見に行く事は出来ませんが、紹介された作品面白いですね。

出展作品は全て「ふくろう」って企画、歴史が有るのですか?
【2014/01/30 18:39】 | woods #Ufi/25FY | [edit]
woodsさん
今年初めて「ふくろう展」の企画に呼ばれたので
歴史があるかどうかはわからないのですが
13名の作家が思い思いのふくろうを並べました。

鳥もふくろうも大好きなモチーフで
特に北極に住むシロフクロウは表情がとても面白いのです。
そして
C.W.ニコル氏の童話「コロンとグルガ」に出てくる
重要なシャーマンなのでした。
この童話を劇にしたとき
私はこのシャーマン「アシュエトウ」役をやったのです。
大学生の時でした。

同じく大学の日本画学科の学生だったとき
東京都立川市の大僧正に頼まれて
京都・東寺の国宝、両界曼荼羅の模写のアルバイトをしました。

その二つが、50歳を前にして突然一緒になって現れました。
人生何が起こるかわからないものですね。

6月に千葉市緑区土気のカフェギャラリー「NAJA」さんで
グループ展が決まりました。
フクロウシリーズを出す予定です。
近くなりましたらご案内を差し上げますので
ご都合が合えば、お出掛け下さいませ。
お待ちしております。
【2014/01/30 21:33】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hajisarashina.blog106.fc2.com/tb.php/67-1a1e23f8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫